MENU

わたし、今日から「おひとりさま」2話ネタバレなレビュー

スマホで検索しているときに ネット広告で見かけて気になった漫画 わたし、今日から「おひとりさま」

独特の絵にも引き込まれて、最新話まで読んで、どんなストーリーなのかレビュー。

ミチ ママと暮らさないよ?

幸せだと思っていた3人家族。
突然 離婚を突きつけられた専業主婦は、子供と二人で頑張っていくつもりだったのに

実の子供からは 一緒に暮らさないと言われてしまう・・・

広告だけでは、子供からも見捨てられる 可哀そうな主婦の漫画かな?と思っていたのですが 子供から見捨てられる理由って一体何だろう・・・と気になった方に この記事はおすすめです(*’ω’*)

きよね駿先生作品 『わたし、今日から「おひとりさま」』は めちゃコミ!だけのオリジナル配信中。他の電子書籍サイトやアプリでは読むことが出来ませんでした(*’ω’*)めちゃコミで試し読みはコチラから

目次

わたし、今日から「おひとりさま」 前回までのあらすじ

高校卒業をあと数か月後に控えたときに妊娠が発覚。卒業と同時に結婚してから、娘と夫と3人で平和に幸せに暮らしていると思っていた専業主婦 泉。

ある日 突然 離婚届を渡された泉。仲が良かったはずの娘からは、ママとは暮らさないと言われどん底のまま「おひとりさま」に。

娘からは、まだ若いし 東京の方が仕事は沢山あるからと言われるがまま 東京へ辿りついた泉。

関連記事 1話のネタバレはコチラ

わたし、今日から「おひとりさま」登場人物

徳島泉

31歳 高校卒業と同時に結婚してから専業主婦。職歴一切なし。

泉の自慢は 順としか付き合ったことがないことだった

泉の夫。泉が高校在学中に妊娠させたけど、男らしく 責任とって泉にプロポーズした泉より年上。

ミチ

泉と順の娘。12歳で泉よりも しっかりした考えをもった女の子。

じゅりちゃん

泉の高校のときの同級生。
東京でメイクアップアーティストとして自立した生活を送っている

【漫画ネタバレ】 わたし、今日から「おひとりさま」 2話

突然離婚を言い渡された専業主婦 徳島 泉。12歳の一人娘 ミチからは私立の学校に進みたいからパパについていくと言われてしまい、ショックを受ける。娘に言われるがまま、31歳で 「おひとりさま」になった泉は身の回りのものをキャリーバッグに入れて東京に向かった。

東京で待っていたのは

高校卒業と同時に結婚・出産。社会で働いた経験もない泉。その上、仕事も決めないまま 東京に出てきた泉を待っていたのは、アパートの内見すらさせてもらえない現実だった。

途方に暮れて、都会の隅っこで しゃがみ込んでしまう泉。

そんなとき、思い出したのは 東京に住んでいる同級生の じゅり のことだった。

素敵東京ライフ♡

じゅりに久しぶりに連絡をした泉。

高校卒業と同時に結婚することを話したとき、じゅりは泉に向かって 「社会に一度も出ずに主婦をやるなんて もったいない」と意見して喧嘩になった2人。

久しぶりに会って、じゅりが一人暮らししているマンションへあがり、憧れる

じゅりは 泉から突然離婚を言い渡されたこと、娘から元旦那につくと言われたことを聞いて ひとまず泊めることに。

元旦那のしがらみ

じゅりは、泉の話を聞きながら 泉にもワインを渡そうとすると

旦那から 酔うと面倒だから飲むな  

旦那から言われたことを まだ忠実に守ろうとしている泉。

泉は、じゅりと話ながら 同級生だったときとは違って、まったく違う人生を歩いてきて別世界の話を聞いている感覚になっていた。

話しているときも、泉は 自慢の娘ミチのことや、旦那と育児をしていた頃のことを思い出していた。

朝になり、じゅりは仕事に向かうときに 寝ている泉に向かって、早く仕事探して 出て行ってね!!と声をかけ仕事に出かけていく。

一人になった泉は、旦那から止められていたビールを飲んだ。

じゅりに言われたように、もう旦那じゃない。元旦那。
これから 自分は何をしてもいいんだ と実感する

【まとめ】わたし、今日から「おひとりさま」2話 ネタバレレビュー

きよね駿先生の「絵」にもハマりはじめてしまってインスタを覗いてみたら、かっこよかった♡

じゅりが立派なマンションに住んでいるのは、じゅりが東京で頑張ってきた結果。じゅりからは同情しかないと言われた結婚生活も終わって、子供も旦那側にいってしまったという事実を受け入れ始めた泉。

女友達あるあるかもしれないですが、学生時代 仲良くしていても社会に出たり、結婚して子育てしていくなかで 考えが合わない・前みたいな関係になれないことって 女性社会だと現実にありませんか?

じゅりの性格もあるのかもしれませんが、離婚したての泉に対してキツめに「早めに出て行って」と言ったのは、泉が学生の頃から 考え方が甘く、ふわふわした性格だったから ちょっとキツイ言い方をしているのかなとも思いました。

あらためて「おひとりさま」を実感した泉は、次回3話から「職探し」へ。

きよね駿先生作品 『わたし、今日から「おひとりさま」』は めちゃコミ!だけのオリジナル配信中。他の電子書籍サイトやアプリでは読むことが出来ませんでした(*’ω’*)めちゃコミで試し読みはコチラから

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる